バイアグラ レビトラ シアリス
 
このサイトをお気に入りに追加
発送方法
お支払方法
メルマガ登録
お名前:
Email:
商品カテゴリ
 

勃起不全に関する記事

  • ED 勃起不全の治療薬

  • EDの治療の第一選択肢となるのは経口薬であるバイアグラやレビトラです。他にも日本ではまだ認可されていないシアリスやその他血行を良くすると言われる いくつかの薬剤が効果があるといわれています。漢方的なものもいろいろと出回っていますが、何を利用するにしてもきちんと医師の指導の下で行なうことが大 切です。

    バイアグラ
    バイアグラは元々は「狭心症」の治療薬として開発されたものですが、勃起の誘発に極めて高い効果を発揮すると言われています。海綿体神経によって調節されている、勃起を促す信号物質(アセチルコリンや一酸化窒素(NO))の働きを阻害するような酵素が存在します。その酵素の働きを阻害するのがバイアグラの特徴です。つまり、バイアグラ自体が直接勃起を起こさせているわけではありません。重い副作用もなく、ED治療の王道ともいえるもので多くの患者に使われています。ただし使用にあたってはいろいろな注意点があります。
    ・ニトログリセリン製剤(硝酸剤、NO薬)との併用は出来ません。併用すると血圧が急に下がり、大きな事故に発展する可能性が高いからです。心臓発作や血圧に問題にある方も服用前に医師の判断を聞くことが必要です。
    ・ 服用のタイミングが重要です。性行為の約一時間前に服用することが一般的には望ましいとされます。また、食事の直後や過度の飲酒の後に服用した場合には効果が表れにくいといわれます。
    ・ 個人輸入のバイアグラには注意が必要です。場合によっては効果が出ないばかりか、副作用が出ることがあります。
    ・ 担当医師の指示に従い、用法用量を守って正しく使うことが最も効果を出すための近道です。

    レビトラ
    バイアグラと同様に勃起障害の原因となる酵素を抑制するもので、日本の厚生省で認可されたものです。バイアグラより効果が早く、かつ持続力が高い。大多数 の患者の勃起障害を初期から改善し、効果が一貫している、糖尿病や前立腺ガン手術後の患者にも効果が期待できるなどの特徴があります。バイアグラ同様、服 用に当たっては注意点があります。

    使用上の注意
    1.慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
    (1)陰茎の構造上欠陥(屈曲,陰茎の線維化,Peyronie病等)のある患者[性行為が困難であり痛みを伴う可能性がある.]
    (2)持続勃起症の素因となり得る疾患(鎌状赤血球性貧血,多発性骨髄腫,白血病等)のある患者
    (3)他の勃起不全治療薬を投与中の患者[他の勃起不全治療薬との併用使用の経験がない.]
    (4)出血性疾患又は消化性潰瘍のある患者[ニトロプルシドナトリウム(NO供与剤)の血小板凝集抑制作用を増強することが認められている.出血性疾患又は消化性潰瘍のある患者に対する安全性は確立していない.]
    (5)チトクロームP450 3A4を阻害する薬剤(エリスロマイシン)を投与中の患者[本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので,投与量は5mgを超えないこと(「相互作用」(2)の項参照).]
    (6)高齢者(65歳以上)[「高齢者への投与」の項参照.]
    (7)中等度の肝障害のある患者[本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので,低用量(5mg)から投与を開始するなど慎重に投与すること.]
    2.重要な基本的注意
    (1)投与に際しては,勃起不全及びその基礎疾患の診断のため,既往歴の調査や諸検査を行い,客観的な診断に基づき臨床上治療が必要とされる患者に限定すること.
    (2)性行為は心臓へのリスクを伴うため,勃起不全の治療を開始する前に心血管系の状態に注意をはらうこと.本剤は血管拡張作用を有するため一過性の軽度な血圧低下があらわれる場合がある.大動脈弁狭窄症,特発性肥大性大動脈弁下狭窄症等,左室流出路の閉塞を有する患者は本剤の血管拡張作用による影響を受ける場合がある.心血管系の状態によって性行為が望ましくない患者には勃起不全治療薬の使用は行うべきではない.
    (3)臨床薬理試験において本剤投与によるQTc延長がみられていることから,心血管系障害又は肝障害を有する患者に対しては,本剤投与中に必要に応じて心電図検査を実施することが望ましい.
    (4)4時間以上の勃起の延長又は持続勃起(6時間以上持続する痛みを伴う勃起)が外国臨床試験で少数例報告されている.持続勃起に対する処置を速やかに行わないと陰茎組織の損傷又は勃起機能を永続的に損なうことがあるので,勃起が4時間以上持続する症状がみられた場合には直ちに医師の診断を受けるよう指導すること.
    (5)本剤は催淫剤又は性欲増進剤ではない.
    (6)臨床試験において,めまいや視覚障害が認められているので,高所作業,自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させること.

    「アイ薬」個人輸入代行で取り扱っているすべての商標は各会社からの登録商標によるものです。

    ご注意:お支払いについて

    サイト上の表示価格は日本円ですが、クレジットカード決済は海外で行っている為、決済日及び為替レートの変動によって差額が発生する事がございます。ご理解の上、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

    メーカーから直接シンプルな包装で、あなたの家のドアまで直接お届け致します。 オンラインでの注文は、簡単で効率がよく、秘密が厳守されるので安心です。


    リピーターの方には5%増量でお届けいたします!


    「アイ薬」のブログへはこちらをクリック
    ブログからお得な情報をゲット!!
     

    当サイトについて プライバシーポリシー リンク ニュース アフィリエイト マイアカウント 価格表 お問い合わせ

     
    monitored