バイアグラ レビトラ シアリス
 
このサイトをお気に入りに追加
発送方法
お支払方法
メルマガ登録
お名前:
Email:
商品カテゴリ
 

男性脱毛症AGAの原因

男性脱毛症(AGA)の原因としては、男性ホルモン、遺伝、生活習慣、ストレスなどが関連しているとされています。現在の医学研究においては、これらの要素が複合された結果により、AGAの症状が誘発されるとされています。
現在日本では1000万人~1200万人にも及ぶ男性が男性型脱毛症により、薄毛に悩んでいます。特に男性脱毛症の原因として有力なのは、男性ホルモンによる働きです。男性ホルモンの一種であるテストステロンの変化が男性特有の脱毛症状(AGA)の原因となっていることは、医学的にも認められています。通常テストステロンは、通常は毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体に結合することで、太くこしのある髪の毛を発育します。しかしテストステロンが細胞内にあるリダクターゼ(5a-還元酵素Ⅱ型)という酵素の働きにより、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されてしまうと、この変換されたジヒドロテストステロン(DHT)が男性脱毛症の原因物質となってしまうのです。脱毛部にジヒドロステロン(DHT)が高濃度で見られる事が知られています。

DHTは細胞の受容体に結合することで、細胞内で毛母細胞における発毛を促す働きを阻害してしまうタンパク質を生成し、このタンパク質の働きにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまうという発毛サイクルの異常を引き起こします。発毛サイクル(ヘアサイクル)は、成長期、後期成長期、退行期、そして休止期を繰り返すことにより、頭髪を維持しています。しかしAGA患者の場合、新しい毛髪を成長させる後期成長期に移行せず、発毛してもすぐに脱毛してしまいます。その結果、十分に育たない、細い短い髪の毛が多くなることで全体として薄毛が目立つようになり、男性脱毛症(AGA)特有の症状が見られる様になります。この発毛のサイクル異常を引き起こすDHTの生成量は遺伝的に作用さる事が示唆されており、脱毛は遺伝するという説に関連づけられます。リクターゼの活性化によるジヒドロテストステロン(DHT)の生成により、男性脱毛症(AGA)が誘発されてしまいます。

この脱毛を促進するリダクターゼの働きを抑えることにより、発毛・育毛を促進させる効果を有する、アメリカFDAに認められている医療用医薬品がプロペシアです。プロペシアは、錠剤を服用する形のAGA治療薬で、その効果は98%の確率でAGA治療に効果があるとされています。

 

プロペシア(ジェネリック)をもっと詳しく知る

「アイ薬」個人輸入代行で取り扱っているすべての商標は各会社からの登録商標によるものです。

ご注意:お支払いについて

サイト上の表示価格は日本円ですが、クレジットカード決済は海外で行っている為、決済日及び為替レートの変動によって差額が発生する事がございます。ご理解の上、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

メーカーから直接シンプルな包装で、あなたの家のドアまで直接お届け致します。 オンラインでの注文は、簡単で効率がよく、秘密が厳守されるので安心です。


リピーターの方には5%増量でお届けいたします!


「アイ薬」のブログへはこちらをクリック
ブログからお得な情報をゲット!!
 

当サイトについて プライバシーポリシー リンク ニュース アフィリエイト マイアカウント 価格表 お問い合わせ

 
monitored